未分類

新たなルイ・ヴィトン 銀座並木通り店が誕生

「ルイ・ヴィトン」のLVMH、売り上げ好調

コロナ禍に新装オープンしたルイ・ヴィトン。
コロナをすべて跳ね返しそうな外装。
これIphoneXSで撮影したのですが、絵みたいになってますねw
サランラップみたいなもので巻いているのか?とにかく異彩を放っており目立つ。

ルイ・ヴィトン曰く

東京・銀座に佇む7階建ての新空間──2021年3月20日(土・祝)にオープンする、装いも新たに生まれ変わった銀座並木通り店をご紹介。

建築家の青木淳とピーター・マリノの美学的対話として再構築され、外観も内観も目を見張るような驚きに満ちた新空間。かつて店舗を構えていた場所は大胆に生まれ変わりました。青木淳が提案するのは、「水の柱」を想わせる水の反射を物質的な現象として解釈したモダンな外観──曲線と波紋を描くファサードは、差し込む光や見る角度によってさまざまに表情を変え、無限のカラーバリエーションを生み出すダイクロイックフィルムによって立体感を演出します。

彫りが刻まれたオーク材をガラスで縁取った中央階段が建物の有機的な美学を強調するピーター・マリノによる内装──表現豊かに変化する色調により、色は高揚感と感動を与えるためさまざまな形態に変貌していきます。色鮮やかな印象を得意とするピエール・ポランやステファン・レオの家具、そして藤村喜美子の絵画《Wave Blue Line》を再解釈した4階分にもおよぶ壁面などが店内に活気を添えています。 また同店では、ウィメンズおよびメンズのプレタポルテ、レザーグッズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランス、アイコニックなトラベルグッズ、「オブジェ・ノマド コレクション」、「シティ・ガイド」などのフルラインナップをご提案。また、パールをあしらったメンズの「LVオリ・ライン スニーカー」や、歌舞伎役者の市川海老蔵とのコラボレーションによるモノグラム・キャンバスのトランク「ボワット・ファーマシー」など、エクスクルーシブなアイテムも展示。 さらにメゾン 大阪御堂筋に続き、最上階には世界第2号店となるSUGALABOオーナーシェフ 須賀洋介による「LE CAFE V(ル・カフェ・ヴィー)」もオープン。ぜひ洗練されたひとときをお過ごしください。
だそうです!!!!

青木淳さんとは?

ピーター・マリノとは?

ピーターマリノ(1949年生まれ)は、アメリカ人の建築家であり、アメリカ建築家協会のフェローです。彼は1978年に設立した建築および設計会社であるPeterMarino Architect PLLCの校長です。この会社はニューヨーク市に拠点を置き、フィラデルフィアとサザンプトンに160人の従業員とオフィスを構えています。オイ!この写真本当かよ!w ハードゲイじゃん!

普通の感覚では建てられないし、なぜクラゲがいるんだろ。

コメント

SNSフォローボタン

The.Tokyoをフォローする

GoproMAX