アマゾン

SDカード SSD NVMe スピード計ってみた

巷にあふれるSDカードやSSD、NVMeの速度を計ってみた。
勿論巷にあふれている情報に差異はないけど、ちょい前のマイクロSDの遅さに驚愕した

スポンサーリンク

4K撮影に必要なSDカードのスペック

4K撮影なんてしないし、画質の良さとコンテンツの良さって比例しないでしょ。バズる要素を画質に求めたら、12Kでくだらないコンテンツ作っておけば、そこそこバズるって事になってしまう。
結局そんなことないって気が付くのだけれど、最新のテクノロージーに触れたい人たちが、
自己満で撮って満足している。でもそれを観て第三者も満たされない欲求を緩和するのでしょうかね。

↑のスピードがこれ↓早いのか遅いのか知らんが、4Kを撮影する条件がある
ではどのように判断すればよいかというと、SDカードの性能を判断する指標として「スピードクラス」という規格がありますので、これに準じたかたちでメーカーが指示をしてくれています。「CLASS 10」とか「CLASS 4」とか、聞いたことある!という方がきっといるはずです。

128GB↑と64GB↓ほぼスピード同じ。そりゃスペック同じだもんね。

スポンサーリンク

ちょっと昔のSDカードの遅さヤバイ

どれも変わらない遅さ。多分4K無理
20って・・・・

ついでにPCのNVMeも計ってみた。

速い。激速である。まったく体感できないけど速い。
どんな恩恵があるのか知らんが速い・・・・
勿論オンラインゲームとかで活躍するシーンがあるのだろうけど、
自分がやっているAPEXでは、全くその恩恵があるとは言えない。
だってずーっとゴールド帯から抜け出せないのだから・・

SSDも計る

そこそこ速いの?ベストな速さの基準が分からないから、これが良いのかわからない・・
ビデオの編集とかはMACだし、M1マックを使って分かった事は、CPUとGPUとその他が(ざっくり)
が最適化されたワンシステムでつながってて、それを動かすOSが更に最適化されている環境があれば、個々のデバイスのスペックがそんなに高くなくても爆速になるって事。
つまり、Nvidiaの何十万もするビデオカードでゲームをするのはどうなの?って話。
勿論、WindowsでAdobeを使ってサクサク編集するには、そこそこのGPU必要かもしれないけど、
遊びにしては、トータルコストの度が過ぎませんかね。しかもどんなにスペック上げてもタイムラインの引っ掛かりから解放されないでしょ?違う?おカネを稼ぐ手段としての投資なら、クリエイティブを学んだ方が答えが早いかもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この世は仮想現実なのですか?

コメント

SNSフォローボタン

仮想の世界をフォローする

GoproMAX