未分類

目の前で事故

寒かった。昨夜の都心はマジ寒かった。表参道のアップルに用事があったというか、
店舗に行きたかった私は、仕事帰りにチャリで表参道に向かった。
せっかくだから、チャリにGopromax載せて、撮影しながらのんびり行こうかと・・・
狸穴の坂を登って飯倉から六本木経由で246というルート。でもその前にバカ発見。


事故が起こる前に六本木の交差点過ぎたあたりで私の車体ギリギリにすり抜けていく軽バン?に遭遇。
ミッドタウンの辺りまですごいスピードですり抜けながら走っているのが見えた。危ない。
カメラでは見えにくいが工具的な荷物見たいな物を後部に積んでいた気がする。
すり抜けがひどく、他の車が「危ねーだろ!って感じでパッシングしていた。


春日部ナンバーだった。都内は近県に比べると驚くほど監視カメラが多く、事件・事故を起こせばすぐに付近のカメラの録画を解析。その車がどこから来てどこへ行ったのかは簡単にわかる時代。ナンバーもバレてるしね。いや、春日部はどうでもよくて今回は、その先のミッドタウン前で起きた事故。
記録されている動画が全てで、今時おそらくタクシーにもドラレコついてます。だから事故処理後の保険上の過失割合を決定する際に、タクシー側は、斜め後ろから突っ込まれたという見解を保険屋に伝えると思います。ウィンカーも出しているしね。一方、止まっていた車は右後方から来るタクシーが直進すると思っているのか、何も考えずにす〜と前に・・しかもぶつかった直後にウィンカーが出ているように見える。あの場所は、左側に細い路地があって車が入っていけるようになっているのでタクシーは普通に入ったのだと思う。ただ、客が乗っていないならわざわざ入らない路地。だから脚が乗っているか迎車なのかな?タクシードライバーはしっかりと前の方からウィンカーを出しているので、右後方を確認しなかった一般車の過失は大きいけど、進路方向を変える場面での後方確認義務もタクシー側にあるので8:2かな?(一般車8:2タクシー)

東京ミッドタウン前でタクシーと一般車の事故。いや、やばいでしょってはなし。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この世は仮想現実なのですか?

コメント

SNSフォローボタン

仮想の世界をフォローする

GoproMAX